羽生くんの引きと寄りの両方を堪能する。