その言葉が聞きたかった。(ふたりの会話と流儀編)